Billboard Monthly Top40紹介
2012 1
月号


# Top40
デビュー

収録アルバム

曲名/アーティスト名
/プロモーショナルレーベル
最高位
1 1/7

"I Like It Like That"
 Hot Chelle Rae feat. New Boyz (RCA)
28
2 1/7

"Safe & Sound"
 Taylor Swift feat. The Civil Wars (Big Machine)
30
3 1/14

"Rack City"
 Tyga (Young Money/Cash Money)
7
4 1/21

"I Won't Give Up"
 Jason Mraz (Atlantic)
8
5 1/28

"Stronger (What Doesn't Kill You)"
 Kelly Clarkson (19)
1
6 1/28

"Ass Back Home"
 Gym Class Heroes feat. Neon Hitch (Decaydance/Fueled By Ramen)
12




 1月7日エントリー分。
 
 今週は2曲。29位はナッシュビルのポップ4人組ホット・シェル・レイ。大ヒットした「Tonight, Tonight」が収録されたアルバムがデビュー盤だとずっと勘違いしてたんですが、あれは2ndアルバムだったんですね。1stは2009年にJiveから出していて、どうも2011年にRCAに鞍替えして2ndを出したようです。どうでもいい情報ですがこの前やってうた「はねとび」のバレンタイン企画でジングル的に大量に使われていました。「I Like It Like That」は「Tonight, Tonight」よりも横ノリ要素が加わって、アイドルラップデュオ ニュー・ボーイズとの絡みも結構はまっていると思います。自分らの立ち位置を見誤らず、余計なことをせずこのまま活動を続ければ、今後比較的安定して売れそうな気がするバンドです。30位初登場はテイラー・スイフト。アーケイド・ファイヤー、ネコ・ケース、ディセンバリツなども参加した『The Hunger Games』サントラからのヒット。この曲は、2011年リリースしたアルバム『Barton Hollow』が各種メディアでも評価が高かった男女インディ・フォーク・デュオとの共演曲で、いつものテイラーの曲とは結構がらっと雰囲気が変わってオルタナフォーク臭いです。なんとなくこの侘しい音の世界観はボン・イヴェールの2ndにも通じるかなと思っていましたが、むしろ「天国への階段」のほうが近いかも・・・・・とか適当なことを言ってみます(笑)。



 1月14日エントリー分。
 
 今週は1曲。40位には入ってきたのは新人男性ラッパー Tyga。ティガじゃなくてタイガと読むらしいです。最近は読み方に戸惑う新人さんが多いですね(苦笑)。西海岸はコンプトン出身で、リル・ウェイン総裁率いるヤング・マネー所属。クリス・ブラウンの「Deuces」(10/#14)などに客演してましたがようやくヤングマネーからソロデビューです。とはいえヤングマネー以前にアルバムを出しているので実質は2ndアルバム。この曲「Rack City」は不穏なシンセリフ&指パッチンリズムという00年代半ばの南部系ヒップホップを思い出させるようなミニマムな音作り。こういう引き算な音作りを10'sに入って聴くと正直ほっこりしますね。


 
 
 
 1月21日エントリー分。
 
 今週も1曲。22.6万ダウンロードの初動で猛烈に売れたことも手伝って8位にいきなり飛び込んできたのはジェイソン・ムラーズ。お帰りなさい。USでの40ヒットは08年の「I'm Yours」以来。「I'm Yours」と比べると今回はドラムレスでもっとバラード的な仕上がりになってます。Youtubeに掲載されてるオフィシャル制作の歌詞つきカラオケクリップが曲の雰囲気をとてもよく表しています。この曲を収録したアルバム『Love Is A Four Letter Word』は4/17発売予定。



 1月28日エントリー分。
 
 今週は2曲。21位はケリー・クラークソン。昨年秋リリースされた新作『Stronger』から、「Mr.KNow It All」(11/#10)に続く2ndシングル。No.1になったのは09年「My Life Would Suck Without You」以来で通算3度目。最近ポップ/ダンス路線に傾倒してた気がしますが、この曲はちょっと持ち直してポップ/ロック寄り。33位はFueld By Ramenが誇る看板アーティストの1組 ジム・クラス・ヒーローズ。トラヴィのソロを挟んで前作「Stereo Hearts」(11/#4)で大復活を成し遂げましたが、運気が上向きなのかすかさずアルバムから2ndカットがまたも40入りです。今年のサマソニ出演も決まりましたね。客演のロリ声女vo.ネオン・ヒッチさん(UK出身)も今流行のややビッチ系ビジュアルで巷では次第に人気を集めているのですが、個人的にはプロデュースのロボポップさんの今後の活躍に期待したいところです(一応前作に続きベニー・ブランコとの共作ですが)。


 
 


 


トップページへ戻る


文責: はまべ
copyright(c) by meantime 2011 all rights reserved.