Billboard Monthly Top40紹介
2007 1月号


※視聴はすべてiTMSのリンクです。視聴するにはPCにiTunesがインストールされている必要があります。

# Top40
デビュー

収録アルバム

曲名/アーティスト名
/プロモーショナルレーベル
最高位 視聴
1 1/6

"Snow ((Hey Oh))"
 Red Hot Chili Peppers (Warner Bros.)
22
2 1/6

"It's Not Over"
 
Daughtry (RCA)
4
3 1/6

"Through Glass"
 Stone Sour (Roadrunner)
39
4 1/13

"Tim McGraw"
 Taylor Swift (Big Machine)
40
5 1/20

"Suddenly I See"
 KT Tunstall (Relentless)
21
6 1/27

"Ice Box"
 
Omarion (T.U.G.)
12
7 1/27

"The Sweet Escape"
 Gwen Stefani feat. Akon (Interscope)
2
8 1/27

"Boston"
 Augustana (Epic)
34
9 1/27

"Here (In Your Arms)"
 Hellogoodbye (Drive-Thru)
14




 1月6日エントリー分。

 おけましておめでとうございます。
今週のエントリーは3曲。まず31位はレッチリ。『Stadium Arcadium』からはオルタナチャートでヒットした「Tell Me Baby」を飛ばして、2曲目の40ヒット。アルバム発売直後からiTMSで異様に高セールスを記録しており、ひそかに私も次は絶対コレだろ!と思ってましたがようやく3rdカットで切りやがりました。一面雪景色の日本庭園を眺めながら茶室で抹茶でも飲みたくなる装いの、枯れたレッチリの魅力が満載なナンバーです。次38位。アメアイ第5シーズンで優勝候補といわれながらも準々決勝で敗れたクリス・ドートリー率いる5人組バンド。この曲だけ聴くには雰囲気的にニッケルバックとかあの辺のコンサバ系な感じ。ただボーカルに変な癖がないので生理的に・・・みたいなことはないかもしれません。39位はこちらもオルタナロック。めずらしく今週はロック攻勢です(笑)。スリップノットのメンバーがスリップノット加入以前に別のメンバーと組んでたバンドらしいです。説明めんどいので詳しくはWikipedia見てください。これもこの曲だけ取り出したらコンサバになるのかなぁ。オルタナチャートで夏場くらいから結構ヒットしててBillboard Modern Tracks年間チャートでも13位です。溜めたり、抜いたりよく聴くと結構緻密な構成です。


 1月13日エントリー分。
 
 
今週のエントリーは1曲。17歳の女性シンガーソングライター テイラー・スイフトのデビューヒット。カントリーシンガーかフォークシンガーか微妙な立ち位置ではありますがこの際別にそんなのどうでもいいでしょう。久々にこういうキャラ出てきましたね。なんかディアナ・カーターとか思い出しちゃいました。
 1月20日エントリー分。
 
 今週は1曲だけエントリー。
なんと23週もかけてTop40に入ってきたのは「Black Horse & Cherry Tree」がヒットしたKTタンストールの2ndカット。映画『プラダを着た悪魔』の挿入歌(サントラには未収録)。ほか『グレイズ・アナトミー2』ってドラマでもちょっとだけ挿入曲として流れてたみたい。前作がカントリータッチだったので、カントリー臭さが取れた今回はよりマス向けな雰囲気。トリプルAステーションでまず火が付きメインストリームにクロスオーバー、日本で先にヒットした"よりわかりやすい曲"が全米で2ndシングルとしてカットってパターンはマルーン5の時と同じですね。

 1月27日エントリー分。
 
 今週のエントリーは4曲。
まず30位はおひさのオマリオン。元B2K。ソロ2作目『21』からの新曲。「Ice Box」はティンバランド制作のミステリアス系幾何学ポップスで、最近のジャスティンの曲などとちゃんと音の整合性が取れているところがすごいです。ところでオマリオン、ソロアルバムはこれで2作連続の初登場1位、オフでも仲がよいと噂のバウワウとのコラボアルバムも年内に出るみたいでそちらも気になるところです。31位はグウェン姐さん。アルバム中のハイライトであるエイコンプロデュース曲を順当にカットしてきました。エイコンってこんな趣味あったんだ!?っていう本人のアイデンティティーに似つかわしくない(言いすぎ?)はっちゃけたポップソング。グウェン姐さんは一応このソロ後はノーダウトに復帰とかなんとか言ってたので最後にいっぱい冒険しといてほしいですね。37位はカリフォルニア出身のバンドのくせにタイトルが「Boston」。これも松坂効果か?(笑)2005年に出たメジャーデビューアルバムからの初ヒットがこの曲。ビデオ見た感じすごく若そうなんだけど実際どうなん?まあビデオも笑えるんだけど。この曲は「Bad Day」のロックバンド版みたいなピアノロック。2005年6月ごろ「Stars And Boulevards」がiTMS USでフリーダウンロードになってた関係でその頃からこのバンドは知ってたのだがまさかメジャーになるとは・・。ちなみに「Stars...」はハゥイーデイ好きならイケる曇天系ピアノポップロック。最後38位はジャケもバンド名もふざけてるハロー・グッバイ。こちらもカリフォルニア出身の4人組。1昨年日本でもヒットしたユナイテッド・ステイツ・オブ・エレクトロニカみたいなスペイシー・ディスコ・ロック。まああのバンドほどはダフパン「One More Time」化してはないけど。Drive-Thru Records出身だからか何か知らないですが去年秋くらい某タワレコがやたらプッシュしてました。



トップページへ戻る


文責: はまべ
copyright(c) by meantime 2006 all rights reserved.